「シャラポワの大声」相手に打球音聞かせない姑息な奇策?

印刷

   「ロシアの妖精」ことマリア・シャラポワは、うるさすぎるテニスプレーヤーだった?

   シャラポワといえば、ボールを打つときの大きな「うなり声」というか、奇声がトレードマーク。だが、女子プロテニスで現在世界ランキング1位のキャロライン・ウォズニアッキがこうしたうなり声について「うなり声で打球音が聞こえず、ボールの速度を正確に判断できない」と、訴えたのだ。

101デシベルでガード下よりうるさい。「練習ではおとなしいのに……」

   さらに彼女は、個人名を挙げてはいないものの、「練習ではおとなしいのに、試合で意図的にやっている選手がいる」とも指摘。うなり声による打球音の不正マスキング疑惑を提起したようだ。

tv112002_pho01.jpg

   なおシャラポワのうなり声は101デシベルだそうで、「電車が通る時のガード下」の100デジベルを超えている。相当うるさい音ではあるらしい。

   ただこの問題は、スッキリ!!のスタジオでは「ボクは全然、出していいと思うんだけど。声出すと、力が出るといいますね」(加藤浩次)、「テニスのルールで、悪いとはされてないから、いいんじゃない」(テリー伊藤)、「なぜこんなことが問題になってるんですか?」(大沢あかね)などと、まったく取り合われずに終わった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中