「笑点」27日放送で「談志追悼」初代司会で名付け親

印刷

   21日(2011年11月)に死去した落語家の立川談志は日本テレビ系に人気長寿番組「笑点」(日曜夕方5時30分)の初代司会をつとめた。「笑点」は1966年に談志の企画でスタートした番組で、番組名の名付け親で、テーマソング「笑点音頭」の作詞も自分でやった。

   初期メンバーは三遊亭小円遊、林家こん平、三遊亭円楽、柳家小痴楽、桂歌丸で、高座の大喜利をテレビでやるという画期的なものだった。視聴率はいまでも上位を走り続けるオバケ番組だ。

   11月27日の放送では追悼コーナーを設け、現在の出演者だけでなく、過去の出演者たちも交えて談志で「笑う」。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中