乙武洋匡「僕の小説が映画化!本人役で出演します」

印刷

   乙武洋匡が書いた小説「だいじょうぶ3組」の映画化が決定した。乙武も本人をモデルにした役で映画初出演することになり、ツイッターで発表している。

「【公式RT希望】僕が書いた小説『だいじょうぶ3組』映画化が決定!!僕も、本人役で出演します!!」
「『だいじょうぶ3組』とは、僕が小学校教員としての経験をもとに描いた初の小説。両手両足のない新任教師・赤尾慎之介が、ときに悩み、失敗しながらも、子どもたちと向き合う物語。映画では、その赤尾を支える親友・白石が主人公。国分太一さんが演じます」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中