「江」「南極大陸」ワースト―「週刊新潮」最低ドラマ賞

印刷

   「週刊新潮」(2011年12月29日号)が面白い企画をやっている。ハリウッドの最低映画賞「ゴールデンラズベリー賞」にちなんだ今年の日本の最低ドラマ賞だ。審査メンバーは作家の麻生千晶氏、放送評論家の島野功緒氏、コラムニストの丸山タケシ氏、ライターの吉田潮氏、芸能記者の5人だ。さて、第1回の最低に選ばれたドラマは――。

女優賞は上野樹里、男優賞は木村拓哉

   麻生、島野、丸山の3氏がワーストにあげたのはNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」。吉田氏と芸能記者はTBS系「南極大陸」だった。当然、最低主演女優賞も4票を集めて上野樹里、最低主演男優賞は木村拓哉が3票、織田裕二と櫻井翔に1票ずつ入った。

   麻生氏は「江」は史実がメチャクチャで「歴史に対する『公害』」と容赦ないし、芸能記者も南極大陸は「キムタクのキムタクによるキムタクのためのドラマ」で、初回1億円、以降6000万円もの制作費をかけながら、まったく元が取れなかった最悪の作品と断じている。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中