2023年 1月 28日 (土)

中島知子の占い師激白!「彼女の話おかしな点が多かった」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   タレント中島知子と同居していた占い師が「とくダネ!」のカメラの前に現れた。「私が全部悪い感じで言われているので、自分が出ないと家族が大変だから」という。中島は占い師のマインドコントロール下にあって、服装、食べ物などすべてを指示され、金はたかられてすっからかん。これがこれまでの報道内容だが、まったく違うと語った。

   「占い師」は地味だが洒落たデザインのチャコールグレーのコートを脱ぐと、胸が大きく開いた花柄のワン ピースだった。黒の短いブーツに黒の網タイツがのぞく。画像では顔にぼかしが入っているが、化粧も地味だ。無造作な手提げ袋…。

   ビデオを見て中野美奈子アナは「ふくよかな方だと思っていたが、そうでもない」と言う。 いまは占いはしていないそうで、おととい24日夜(2012年3月)、ホテルで5時間にわたって平野早苗の取材に答えた。

相方の独立で激太り。インスタント食品や菓子ヤケ食い

   「気持ちの整理がつかなくて」「(中島を)キヨさんと呼んでいた」「中島さんの話自体が、今考えるとおかしな話が多くて、信じてもらえるかどうか」と「占い師」は話す。初めて会ったのは2005年で、紹介ではなく直接占いに来た。最初の彼と別れた直後で、ふさぎこんでいた。中島は細かいことを相談してきた。服から食べ物、仕事の選択まで。メールもひんぱんだった。しかし、あまり依存されたくないので距離を置いていたという。

   関係が変化したのは、「占い師」にショックなこと(恋愛)があって、占い師として使い物にならなくなったとき、中島がそばにいてくれたことからだと話す。仲良くなって、食事、映画、カラオケなどによくでかけた。払いは中島が多かった。中島の激太りは07年の相方・松嶋の独立から。ストレスになって、インスタント食品や菓子などのヤケ食いが多くなった。「私といたから太ったことになってるんですか?」

   同居を始めたのは09年。中島から「一緒に住まないか。金は出すから」と言われて、それに乗った。寝室は一緒。食事は自分が作った。「中島さんは(料理が)嫌いなので」。中島が好きなものはビーフシチューと天丼。「ガッツリしたものが好きだった」

   そのうち、「仕事自体がつまらない。事業を始めたい」というようになった。芸能界の大物X氏 から「大きな事業があるから家族も呼んで手伝ってほしい」という指示があった。それで母親と叔母が勤めもやめて事務所にきた。映画を撮るというような話だった。しかし、生活費は自分で出していた。「洋服を売ったり、年金を使ったり」

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中