角田美代子「もっとバックして」沖縄の断崖絶壁で写真―転落事故装い保険金殺人

印刷

   角田美代子被告(64)を主犯とする連続不審死・行方不明事件が少しずつ明らかになっている。今度は保険金をめぐる話だ。美代子の義理の妹・三枝子被告(59)の元夫、橋本久芳さん(当時51)が、沖縄観光で崖から転落し保険金6000万円が支払われていた。

近くの土産物店「立ち入り禁止越えて撮影してた」

   「事故」があったのは2005年7月。現場は高さ30メートルの絶壁の断崖で知られる恩納村の万座毛だった。目の前に東シナ海が広がる観光の名所だ。リポーターの西村綾子が現地を訪れた。この日も大勢の観光客でぎわっていた。

自殺も強要
「男性が転落したのはこのあたり、立入禁止の札を越えたところです。立入禁止でなくても、ゴツゴツしたこの足場、すぐ先が海。とても中に入る気持ちにはなれません」

   近くの土産物店の男性が当時の美代子ら一行について記憶していた。小さな工場の慰安旅行のような感じだったという。美代子らしき女性は社長夫人のように見えた。服装は「ゴージャスとまではいかないが、派手めな感じだった」と話す。

救急車呼ばず、他人事のように「人が落ちてしまった」

   事故直後の様子について、別の土産物店の女性が語る。「普通でしたら、事故ですから救急車お願いって来るんですよ。だけど、この人(美代子とみられる)は、おりるところはどこかっていうものだから、私、怒ったんですよ。人が落ちてんのに、と」

   女性によると、美代子らは立入禁止を越えて崖の上で記念写真を撮っていた。「写真を撮る時、もう少しバックしてと言ったら落ちてしまったと話していたけど、後ろは崖だから、バックしたら落ちますよ」

   ほかにも不審な点がある。それは前の日にも来ていたことだ。「また来たのって聞いたら、記念写真を撮らなかったからといってましたが、前の日にこの辺の状況を見に来たのかなと自分たちは思うんですけど」

   沖縄県警は写真撮影の場所を変えるために移動していてつまづいたか、足をすべらせて転落したとみて事故死として処理した。保険金は三枝子に払われたという。

   キャスターのテリー伊藤は「美代子被告が土産物店の人に本当のことをいうはずがありませんよ。橋本さんは自殺を強要されていたという証言もある。保険金の受け取りの関係でいうと、行方不明になっている橋本の弟さんも心配ですよ」

   内科医のおおたわ史絵は「この事件は相関図を見ただけでも関係者が多い。ということは、犯罪に手を貸した人も多いということ。これまでは利益供与があるから黙っていたが、それがなくなったいま、口を割る人も出てくるのではないでしょうか」と全容の解明が進むことを期待した。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中