広島「カキ会社8人殺傷」低賃金でこき使われる「外国人実習生制度」

印刷

   広島・江田島の水産加工会社で、中国人の実習生が突然、社長や従業員8人を殺傷した。14日(2013年3月)午後4時半ころ、江田島町のカキ養殖加工会社「川口水産」で刃物を持った男が暴れていると110番通報があった。警察官が駆けつけると数人が血まみれで倒れていて、現場にいた男を殺人と殺人未遂で逮捕した。男は「外国人研修・技能実習制度」で日本に来ている中国人・陳双喜容疑者(30)で、「殺そうと思ってやった」と供述している。常軌を逸した凶行の動機はなんなのか。

「人使いが荒く言葉が悪い。殺そうと思ってやった」

   殺されたのは「川口水産」の社長・川口信行さん(55)と従業員・橋下政子さん(68)で、負傷した6人も従業員だった。陳は刃物やスコップを持ってカキの殻をむく作業場に押しかけ川口さんを刺し殺し、作業場の前で橋下さんを殴り殺した。陳はこの日は出勤日だったが、「体調が悪い」と出社しなかった。

制度見直しを

   調べに対して、陳は「(川口さんの)人使いが荒く言葉が悪い。殺そうと思ってやった」と供述している。陳は昨年9月(2012年)、「「外国人研修・技能実習制度」の実習生として中国から来日、川口水産で牡蠣の殻をむく「打ち子」として働いていた。

   「カキ打ち」はカキのシーズンの秋から春までの作業で、生カキを扱うため寒い冬の作業場でも暖房を入れることはできず、厳しい作業だ。若者たちは重労働を嫌い、過疎や高齢化も加わって、最近はもっぱら外国人頼みだという。

途上国に日本の技術広めるはずが「低賃金労働」に悪用

   陳を知る中国人の実習生は「ときどき、陳がひとりで寮で泣いていました」と話す。いったい何があったのか。背景には名ばかりになっている「外国人研修・技能実習制度」がありそうだ。

   小松靖アナ「この制度は途上国に日本の高い技術を広めようということで始まったもので、期間は3年、労働関係法なども適用され、残業手当なども支払われます。4分の3が中国からです」

   コメンテーターの飯田泰之(駒澤大准教授)がこんな解説をした。「制度の名称と実態に大きな違いがあるんです。制度の名前から日本に行って仕事を覚えられる、覚えたいと思ってやって来るのですが、実際に配属されるのは単純労働なんです。しかも、技能を教えてやるのだからということで、賃金は最低水準なんですね。出稼ぎできた方がはるかに収入はいいんですね。騙された、給料は安い、仕事はきついということで、技能実習できた方の中には日本に恨みを抱いて帰国する人が少なくないんです」

   カキ打ちの仕事は歩合制で、1キロ百円前後。早朝から働いても稼げる人で1日約1万円という。陳はこの作業が得意でなく、よく叱られていたという。

   吉永みち子(作家)「この会社がそうだったとは言いませんが、途上国を支援するはずの制度が人を安く使える制度として悪用されているなら、制度を急いで見直す必要がありますよ」

   これまでも、この問題は農業関係でも何度も指摘されてきたはずだ。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中