「ロト7」1等2口16億円当せん!四国遍路の町「買ったの誰?」飛び交う噂

印刷
「人口6万人の町で大事件が起きました。16億円の…ゴホッ、ゴホッ、ゴホッ」

   司会のみのもんたが咳き込んだのも無理はない。日本下史上最高額の宝くじ当せん金が出たのだ。山を背にしたのどかな香川県観音寺市の宝くじ売り場で、「ロト7」の1等8億円の当せんが2口も出た。いったいだれが買っていたのか。同じ人が2口買ったと見られている。

「地元女性らしい」「バスの運転手」「いや、名古屋の観光客」…

   「ロト7」は1~37の数字のなかから7つを選び、7つすべて的中すると1等4億円が当たる。1等賞金はキャリーオーバーで8億円になっていた。1等の幸運を射止めたのは3口あり、うち1口は東京・東村山市内の宝くじ売り場で、残る2口がここ観音寺市の同じ宝くじ売り場だった。

小さな町の大事件

   いったい誰が射止めたのか。町の噂を聞くと、「地元の女性の方だとか聞きましたけど」「いや、出張で来ていた名古屋の人とかバスの運転手だとかいってます」とまちまちだ。あるいは、買った人の記憶の残っているかもしれないと、売り場の女性に聞くとこんな答えが返ってきた。

「前の週の土曜日から翌週の金曜日に販売した券なんですが、販売員3人が係わっているけど、誰が買われたか分かりませんね。お客様が券を持ってこられて初めてわかるんですよ」

「銭型砂絵」「霊場」「財田川」付近に当たりそうなパワースポット

   しかし、この売り場から当せんが出たのには、それなりの「理由」があるらしい。1つは180年前に築かれたという寛永通宝の「銭型砂絵」で、昔からご利益があると観光の名所になっている。2つ目は四国八十八か所の霊場のうち、ここには「神恵院」「観音寺」という2つの霊場がある。3つ目は「川の名前からすごいですね」(みの)という。財田川と聞いただけで財をなしそうな川だ。

   さっそくあやかろうというわけか、宝くじ売り場には普段の3倍の客が押し寄せている。「大阪から朝4時にフェリーでやってきた」という男性もいた。

   観音寺市政策企画課の原幸弘課長は「市としても宝くじが当たっちゃったなという感じ。このチャンスを生かして、観音寺市の良いところを知っていただけたら街づくりに役立つんじゃないか」と喜ぶ。

   当たった本人はいま何を思っているか…。高額当せんしても気づかないケースが結構あるという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中