桜塚やっくん事故死!アントキの猪木「地元の横浜市議選に立候補しようとしてた」

印刷

   10月5日(2013年)に交通事故死した桜塚やっくん(本名:斎藤恭央)が横浜市会議員を目指していたと、親交あるモノマネ芸人・アントキの猪木(40)が6日にブログで明かした。アントキのは訃報に「信じられません」とショックを受けている。

   やっくんは政治に興味があり、出身地である横浜市の市会議員選挙(15年実施予定)に「立候補する」と意気込んでいたという。「自分のためではなく人のために何かしたい」と思っていたという。

   アントニオ猪木(69)の大ファンで、かつてのメールアドレスに「123daa」(1、2、3、ダァーッ!)の文字が使われていたというエピソードを明かし、「夢を語り合う友達がいなくなるのは寂しい。やっくん。さようなら」と悼んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中