紅白初出場Linked Horizon「遠い存在になって寂しい?君の方が全力で付いてきて!」

印刷
第64回紅白歌合戦にLinked Horizonが初出場
第64回紅白歌合戦にLinked Horizonが初出場

   第64回紅白歌合戦に初出場のLinked Horizonを率いるRevoが12月31日(2013年)、個人ブログで本番に臨む思いを語った。

   「物語音楽」という日本ではまだ珍しいジャンルの旗手として、「12年 x 365日、雨の日も風の日も自分の音楽と向き合い続けて生きてきた」とこれまでを振り返り、「何らかの失敗があったとしても、僕は今日という日を誇りに思おうと決めている。後の時代に振り返れば、ちゃんとエポックメイキングな出来事になっているはずです」という。

   Revoは2000年代前半、個人のウェブサイトに楽曲を発表したり、コミックマーケットで同人音楽を販売したりすることから活動をスタートした。紅白出場者の中では「異色」な経歴の持ち主だ。それを踏まえ「コミケから始めようが、どこから始めようが、紅白に出ることは可能です。(…)勿論、願ったこと全てが叶う世界ではない。それでも、人生何が起こるかは誰にも判らないんだよね。世の中こういう不思議なケースもあるので、好きになれる事を見つけたら、どうぞ、諦めずそれを追いかけてみてください」とメッセージを送る。

   また、紅白出場を含め新しいことに挑戦する度に「遠い存在になってしまったようで淋しい」と言われることもあるとし、そうしたファンに向けては「こちらは全力で走っている心算なんだ。それこそ、そうやって12年、メジャーで9年走ってきた。遠くなって当然なんだ。遠ざかってるんだから」と言い切り、「だから『君の方が全力で付いてきて!』」とはっぱをかけた。

 「心臓には拳、心には薔薇、唇にはイェーガー。楽しみにしていてください。頑張ります!」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中