2019年 7月 18日 (木)

「AERA」AKBに誌面売り渡し!?秋元康丸ごと編集長に編集部内からも「恥ずかしい~」

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

AKB48提灯記事オンパレードに朝日新聞OB怒り心頭「AERAはジャーナリズムの志と矜恃失くした」

   『週刊文春』は他の週刊誌の批判をよくする。これはいいことで、仲間内だろうと批判すべきは堂々とするべきである。私も新聞広告を見て少しビックリしたが、『AERA』の新年第1号で、丸ごと1冊秋元康特別編集長というのを出した。AERAは朝日新聞の子会社・朝日新聞出版のニュース週刊誌で、部数は7万部前後、広告媒体としての地位は確立しているそうだ。

   これを「不見識」だと元朝日新聞OBで『週刊朝日』元編集長・川村二郎氏が叱っている。<正直な感想をいわせてもらえば、AERAはジャーナリズムの志と矜恃を失くしたといわざるをえない。

   編集部の知人に、「君らは貧して貧して、秋元康に城を明け渡したのかね」と聞くと、「年始から恥ずかしい限りです。ニュース雑誌の看板は下ろしたようです」と返事が来た。

   批判をすると『粛清』されるので、みな黙っているそうだ。

   批判を許さぬ言論機関は、言論機関とはいえまい。昔から、子を見れば親がわかるという。親の朝日新聞が子の真似をしないことを、祈るばかりである>

   秋元氏に頼むのなら、彼らしい誌面づくりをしてほしいと私も思うが、見る限りAKB48提灯記事のオンパレードである。これでは「AERAがAKB48に誌面を売り渡した」といわれてもしかたあるまい。

   もう1本は週刊現代、週刊ポストの「老人セックス特集」への批判だ。気鋭の思想家・仲正昌樹氏(金沢大学法学類教授)なる人物がこう批判している。<(ポストの12月13日号で=筆者注)『長寿社会の現在、性生活の充実はそのまま人生の満足度につながる』と、正論らしい主張を展開している。

   一見もっともらしいが、この場合の『性生活の充実』とは、AV男優なみのテクニックを持ち、若い相手と週に何度もセックスすることなのか? また、性生活が彼らの考えている意味で『充実』してることが、人生の満足度に直結するのか? 仕事も勉強もせずにセックスし続ける若者の生活は充実しているのか? 本気でセックス漬けの老後をサポートしたいのであれば、余計な理屈など言わずにエログロ雑誌になりきるべきではないか?>

   こうボルテージを上げているのだが、その後に続く彼のいい分は何とも妙である。<現在五十歳の私は、そろそろ両誌の特集の想定読者ゾーンに入ってるはずだが、これまでの人生で、異性であれ同性であれ性的関係を持ったことがない。別に性的不能と言うわけではない。いろんな仕事入ってきて、かなり忙しいので、セックスの相手も機会もなくても、さほど孤独を感じていない>

   忙しさに取り紛れて50近くまで女性との性的関係が1度もなかった? こんな風変わりな御仁に批判されても、週刊現代、週刊ポストの編集長は戸惑うばかりではないか。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中