今度は雪崩・落雪注意!危険サイン「木のない急斜面」「雪面の亀裂」「雪玉」

印刷

   2月(2014年)の記録的な大雪のニュースは「モーニングバード!」でも尾を引いているが、けさ27日は「雪崩」の懸念が強調された。気温が急上昇して、雪崩や屋根からの落雪の危険も上がっているというわけである。

   実際に各地で雪崩は発生しているが、とくに山梨県では例年の5倍、150センチもの雪が積もったところもあり、とりわけ心配だというので、リポーターを派遣。あちこち回って、「このあたり危険です。見てください」(井口成人リポーター)などと念入りに伝えた。

   雪氷防災研究センターの話では、一般的な雪崩の懸念の兆候として、木が少ない30~50度の斜面、雪にクラック(亀裂)が入った斜面、スノーボール(雪の玉)が落ちてくる――の3点があるそうだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中