東日本大震災から3年!サンドウィッチマン「あの日とおなじ気仙沼でロケ。3回目の黙祷をします」

印刷

   3月11日(2014年)で東日本大震災から3年がたった。お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきお(39)は「あっと言う間の3年…いや、まだ3年…。どちらにも感じる事の出来る、あの日から3年です」と10日にブログで語っている。

   震災直後、がれきを片付けるだけでも「5年以上かかるんじゃないかな」と思っていた。しかしもう「見渡すかぎり『瓦礫』はありません」といい、「人間のパワーってスゴい」と驚く。サンドウィッチマンの2人は宮城・気仙沼で「サンドのぼんやり~ぬTV」(東北放送)収録中に被災し、近くの山に避難して津波を逃れた。11日はその場所で「3回目の黙祷」を収録するという。

   2人が始めた「東北魂」募金は10日現在で約3億7000万円集まったといい、相方の富澤たけし(39)も「感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございます」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中