林葉直子こむら返りで入院「あまりにも痛い。私のふくらはぎ、どうやらイケメンに弱いようです」

印刷

   元女流棋士の林葉直子(46)が「ちょっと入院しております」と5月7日(2014年)にブログで明かした。足のこむらがえりが原因で「これがあまりにも痛いもので。トホホ」と嘆く。テレビを見ていると「突然、右足の親指がビッと立ってふくらはぎの筋肉がハコフグのようにカクカク!」したという。

   肝硬変でのこむら返りは「太ももの裏から股関節まで一気に攣ってしまう」と語る。薬を飲んで左足が治ってもすぐ右足が痛くなり「また薬を一服」。痛み止めの薬があまり肝臓によくないこともあり入院した。このこむら返りには「ひとつの法則があるよう」だと話している。

   ドラマ「MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~」(TBS系)の西島秀俊(43)や、「ハンサムな耳鼻科の先生」に会うたびに反応するといい、「私のふくらはぎ、イケメンに弱い」と推測する。痛みをこらえながらも「どうせ痙攣するなら、ふくらはぎとかじゃなくて、もっと別のところを痙攣させたいわ~」と下ネタを飛ばしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中