「土用の鰻」今年は安い!?稚魚の漁獲2倍で「値下げも検討」(老舗うなぎ店)

印刷

   この2、3年、高値が続いている「うなぎ」が今年(2014年)は安くなるかもしれない。昨年までばったり獲れなかったシラス(稚魚)が、今年は2倍も獲れたという。それがいま養殖池で育っている。

   暑くなると「うなぎで元気を」と思うのは日本人の証でもある。回転寿司チェーンでもうな丼が出たりして、売る方もあの手この手。しかし、問題はやっぱり値段だ。蒲焼きは100グラム当りで、2010年4月には888円だったが、2014年4月は1283円だ(総務省)。原因は乱獲で(?)稚魚が獲れなくなったことだが、もともとうなぎの生態はよくわかっていない。数が減れば高値になるのは道理だ。

   ところが、今年に入って「2倍くらいの稚魚が入りました」と、養殖うなぎのトップ、愛知・一色うなぎ漁業協同組合はいう。「このままだと仕事がなくなると懸念していたが、少し期待が持てるようになってきた」という。

取引価格は去年の半値以下

   水産庁の調べでは、稚魚の仕入れ量は2012年に15.9トンと激減し、13年はさらに12.6トンまで落ち込んだ。今年は4月23日時点で23.2トンになっている。これに伴って、稚魚の取引価格も過去最高だった昨年の1キロ248万円から、半値以下の115万円前後になると予想されるのだ。国産うなぎは2、3週間前から出荷が始まっていて、相場が下げ始めているので、「夏には間違いなく下がっていく」というのが業界の読みだ。

夏はやっぱりこれ

   老舗の「鰻 渋谷松川」の代表・三田俊介さんは「この4年間で、どこの蒲焼き屋もやりくりして、あっちの引き出しこっちの引き出しで補填してきた。相当な苦労の4年間でした。動きを見ながら下げていくことも検討されるでしょう」という。松川も4年前、うな重を400円程度値上げしていた。「いまの値段がいいと思ってる人はいない」

   スーパーでもうなぎ売り場のスペースはどんどん減った。「土用の丑の日ですら減らした。これを増やせるか、自分たちも期待しています」(生鮮スーパー「アキダイ」)という。

ただいま養殖池で成長中…「丑の日」に間に合うか

   とはいえ、うなぎの養殖は年末から4月にかけて仕入れた稚魚を、半年から1年育てて出荷する。つまり、安いうなぎは「丑の日」には間に合わず、秋口になるかもしれないともいう。

   司会の夏目三久が嬉しそうに「安くなるといいですねぇ」と出したボードの数字はやはり相当なものだ。生産・輸入量は2000年の約16トンが、13年には約3.4トンと5分の1。この間に価格は1キロ約900円が約2900円と3倍に跳ね上がった。

   夏目「完全な養殖が不可能なので難しいところがありますよね」

   キャスターの斎藤孝「技術的には成功しているが、実用化されていないんですよね。コストが高い。そもそもどこで生まれるかもわかってなかったのですが、ようやくマリアナ海溝あたりとわかってきました」

   夏目が「今年はいいですが、来年どうなるかはわからないですね」と、これを満面の笑みでいうから参っちゃう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中