全面禁止にしちゃどうか「国会・地方議会ヤジ」都議会ウヤムヤ幕引きではまたやるゾ!

印刷

「筑後連続変死・失踪」手強そうな独裁妻!「何も知りません」と強気で否認

   福岡県・筑後市で起きた連続変死・失踪事件はその事件の異様さもさることながら、美人妻がなぜこのような事件を引き起こしたのかに関心が集まっている。この事件はいち早く『週刊ポスト』が「筑後連続失踪事件 福岡県警が半年間マークする『美形夫婦』謎の履歴書」(5月2日号)と題して報じていた。今週号も週刊ポストは「筑後連続変死・失踪事件『大便のあとはシャワー!』厳命した『女王様妻と奴隷夫』の転落」というタイトルで特集を組んでいるが、先行していただけに読み応えがある。

   妻の中尾知佐容疑者(45)は瀬戸内海に浮かぶ人口3000人ほどの離島で9人の兄弟姉妹の長女として生まれた。貧しいなか8人の弟や妹の面倒を見ていた彼女だが、高校を卒業すると島から離れていった。夫は伸也容疑者(47)。筑後市でリサイクルショップを経営する2人が福岡県警に逮捕されたのは6月16日のことだ。

   逮捕容疑は知人のキャッシュカードを使って現金を不正に引き出した窃盗容疑だが、夫婦周辺で起きていた連続失踪騒動を解明するための「別件逮捕」であった。リサイクルショップの元従業員・日高崇さん(当時22)の骨の一部が伸也容疑者の実家の庭から発見され、伸也容疑者は「妻にいわれて暴行して埋めた」と供述しているという。捜査関係者は彼女こそ事件のキーマンとみているようだ。

   知佐容疑者は夫とリサイクルショップを開くと、複数の従業員を住み込みで働かせ、暴力も常態化し、実態は軟禁に近かったという。それだけではなく、従業員に借金を強要してカネを上納させたり、従業員の親に「息子が仕事でミスをして損害を与えた」などといいがかりをつけ、数百万円を支払わせたことも判明している。亡くなった日高さんの両親も、息子と音信不通になった後、店の売上金を盗まれたと夫婦に詰め寄られ、300万円以上を支払っていたそうだ。

   知佐容疑者が伸也容疑者と出会ったのは、彼女が働いていた福岡・中洲のクラブだったとか、筑後市にあるスナックだったなどとさまざまな証言があるようだ。<「シンちゃん(伸也容疑者)はチーちゃんに絶対に逆らえんと。チーちゃんって口は立つし頭がキレるけん、男相手でも平気で口喧嘩し、相手に逃げ道を与えずトコトン追い込む。ある時、シンちゃんが『(知佐は)怒ると手も出るし、足も出るとよ』と話しとった。喧嘩になるとシーちゃんから殴られたり蹴られたりしとったみたい。そやけんシンちゃんはいつもチーちゃんの顔色を窺っとるようなところがあった」(知佐容疑者のママ友)>

   週刊ポストはそのやり方は尼崎連続不審死事件の角田美代子ファミリーを髣髴とさせると書いている。警察当局が注目しているのは日高さんだけではない。<日高さん、Kさん、そして知佐容疑者の妹の夫Hさんとその子供。伸也容疑者が『庭に埋めた』と供述した複数の遺体はこの4人と見られている。我々が最も注目しているのは、Hさんとその息子だ>

   知佐容疑者は夫は違って、事件の話になると「何も知りません」と否認を貫いているという。尼崎の事件のように主犯は女性のようだが、なかなか手強そうである。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中