サイパン不明日本人姉妹の不可解?沖合にゴムボート、海岸にオール残されたまま

印刷

   南の島、サイパンで2人の日本人姉妹が行方不明になって5日たった。ビーチで発見された2人が借りたレンタカーには、パスポートや所持金が残されていたことから、地元警察は犯罪に巻き込まれたのではなく、海難事故に遭った可能性が高いとみて捜索している。

借りたレンタカーの中にはパスポートと所持金

   2人は山田なつき(33)と山田ちなつ(26)で、先週土曜日(2014年6月28日)から2泊3日でサイパンを訪れ、今週月曜日(30日)に帰国する予定だった。ところが、滞在2日目の29日午後10ごろ、宿泊先のホテルの防犯カメラに2人の姿が映っていたのを最後に行方が分からなくなった。

   2人が借りたレンタカーが、ダイビングの穴場スポットといわれるサイパン北部のウイングビーチ近くで発見され、車内にパスポートや所持金が残され、海岸にはタオルに包まれたレンタカーのカギがあった。

   さらに、2日には空気が抜けた状態のゴムボートが沖合45キロも離れたところで発見されたが、2人は乗っていなかった。ただ、ボートのオール2本はビーチに置かれたままだった。

観光局担当者「急に深くなる危険なサンゴ礁」

   サイパンはサンゴ礁に取り囲まれた美しい海岸が続くが、危険なポイントもある。マリアナ政府観光局の担当者によると、「サンゴ礁の先はいきなり浅いところで3メートル、深いところで30メートルほどになります。しかも離岸流も発生し、流れが急に早くなる」という。

   司会の小倉智昭「真っ昼間だって、オール置いてボートには乗らないでしょう。帰ってこられなくなる。事件に巻き込まれた気がしてしょうがない」

   事故説も捨てきれないが、人が来たので慌ててボートに乗って逃げたことも考えられる。言えるのは、危険意識が欠落し、外国で事件、事故に巻き込まれる女性が多いのが気になる。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中