<家庭内別居>相手が死んでいても気づかず!ベランダに妻の腐乱遺体

印刷

   同じ家に住む夫や妻が亡くなっても、連れ合いが気づかないなんてことがあるのだろうか。ところが、そんなことがこの10日間に3件もあった。街で聞いてみると、「私も家庭内別居よ」(60代女性)、「寝室別居はありかもね」(50代女性)、「知り合いにもいる」(60代の男性)という声は多かった。

2LDKを2つに区切って生活

   広島市内の団地5階のベランダで女性の腐乱死体が発見され、この家の77歳の夫が死体遺棄容疑で逮捕された。死体は70歳の妻とみられるのだが、夫は「知らない」という。

気配も感じない!?

   住居は2LDKで、夫婦は居住空間を区切ってまったく別々の生活をしていたらしい。妻は今月1日(2014年8月)、近所の人に「病院に行く」と話したのが最後に姿を見かけなくなった。1週間ほど経った8日ころから、あたりに異臭が漂い始め、おととい18日になって遺体がみつかった。

   夫は8日、団地自治会に夫婦の「敬老の日の記念品」の申し込みをしていた。妻は何らかの原因でベランダで倒れたのだろうが、閉め切られた室内では、異臭に気づかなかったらしい。

   兵庫・明石市では16日、マンションの一室で65歳の男性の遺体がみつかり、60歳の妻が逮捕された。警察の調べでは、死後1週間経っていたが、妻は「ドアの外から声をかけても返事がないのでおかしいとは思っていたが、死んでいるとは気づかなかった」と語っているという。

   大阪・堺市では9日、死後1か月が経過した女性(66)の遺体がみつかり、70歳の夫が逮捕された。夫は「先月21日から家にいたが、9日まで妻が亡くなっていることに気づかなかった」と供述している。2階建ての住宅で、夫は1階、妻は2階で生活していて、お互いの行動は一切関知していなかったと話している。

熟年の家庭内別居は2、3割

   熟年の離婚相談を受けている専門家は「家庭内別居は2、3割になっていて、昔にくらべて増えています」という。今回の事件についても、「普通なら気づくことが、あえて気づきたくない、自分で封印するというのが、家庭内別居の行きつくところです」

   司会の羽鳥慎一「そういうことがあるだけでも驚きですが、3件連続した」

   立花胡桃(作家)「ストレスがたまらないために、家庭内別居してるのだと思いますが、長年の諸々がつのると、相手を見ないようにするのでしょう。切ないですね」

   取材した高村智庸レポーターは「若い人なら別れちゃうけど、年をとるとそれができない。広島の夫婦の場合、部屋が2つあるので、完全な別生活も可能かなと思いました」

   赤江珠緒キャスター「でも、お互い気配は感じるでしょう…」

   高村「夫は夜間のガードマンをしていたので、帰りも遅かったそうです。しかし、基本的には、もうあの人はいないんだという意識なんでしょう」

   といって、別れたら互いに生活ができないというのもあるはずだ。予備軍というか、潜在的な家庭内別居はどれほどあるのだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中