2018年 7月 19日 (木)

家入一真「全く遅刻しない人、遅刻で凄く怒る人とは仲良くなれない気がする」

印刷

   実業家の家入一真(35)が8月29日(2014年)、「遅刻」についてツイッターで持論を重ねた。

   「全く遅刻しない人」や「遅刻で凄く怒る人」とは「仲良くなれない気がしてならない」という。

   「遅刻を許せる人」は「(相手の遅刻で)時間を無駄にされたとか馬鹿にされたと怒る変なプライドを持った人」よりも「有る意味仕事のできる人間」と語る。「(そんな人は)隙間時間を有効に使えたり相手のことを心配したり出来る」からだそうだ。

   「だからと言って遅刻していい理由にはなりません」「遅刻ダメ絶対!」というが、「みんながみんな五分前行動を出来ると思うなよ!」と書いている。

   家入は「自己責任論」にも言及する。「もっと頑張れ!甘えは許さぬ!頑張らない奴はそれまでだ!」という「優しくない自己責任論」が多くのものを切り捨て、「頑張りたくても頑張れない人」の存在を忘れてさせていると指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中