2018年 6月 23日 (土)

アジア大会水泳・冨田尚哉カメラ盗難否定「認めないと帰国させないといわれた」

印刷

   韓国・仁川のアジア大会で高級カメラを盗んだとして逮捕された水泳の冨田尚弥選手(25)が、一転して犯行を否定した。「認めないと日本へ帰さないと言われた」ときのう30日(2014年10月)に代理人の國田武二郎弁護士が明らかにした。冨田は来週、記者会見を開き自ら説明して再捜査を求めるという。

不鮮明な防犯カメラ映像

   冨田はアジア大会で100メートル平泳ぎで4位に入賞したが、その会場で韓国通信社のカメラを盗んだ疑いで逮捕され、容疑を認めた形で略式起訴されて約10万円の罰金を払った。示談も成立し、帰国の際は「お騒がせして申し訳ございませんでした」と神妙に頭を下げていた。日本水泳連盟は冨田を16年3月まで選手登録禁止の出場停止処分にした。

映像公開ではっきりする

   「やっていない」と否定した冨田は、韓国ではきちんと話す機会を与えられず、きちんとした取り調べも受けられなかったという。最初から犯人扱いで、通訳の日本語もたどたどしく言い分を伝えられなかった。「認めないなら、韓国に残されるかもしれない」と言われ、日本に帰れない雰囲気にパニックになってしまったという。

   一方、韓国の捜査当局は防犯カメラ2台に冨田選手が映っていたと主張している。日本チームのユニホームを着た男が手提げ袋にカメラを入れようとして入りきらず、レンズを外して本体だけを入れ、さらに袋を洋服の中に隠して立ち去る20から30分間の映像だという。これを日本選手団の関係者に見せて冨田選手とわかったとしている。

   しかし、冨田が見せられた映像は、記者席に座る自分らしい人物が小さく写っていただけ。画面が粗く何をしているのかも確認できなかったと國田弁護士は話した。「肝心の、盗んだ瞬間は映っていなかったと(冨田選手は)言っています」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中