コアラ続々来日!日本初お目見えから30年...埼玉、名古屋、鹿児島の動物園

印刷

   動物園のコアラが来日ラッシュだそうだ。今年(2014年)は鹿児島や名古屋などの動物園に7頭がオーストラリアから寄贈されたといい、今後、埼玉の動物園にも来る予定だという。

高齢化やえさの調達の難しさで激減

   コアラは1984年に6頭が初来日したのを皮切りに、続々と日本にやって来たが、寄贈数は90年代以降は激減し、「国内で飼育される頭数もピーク時に96頭いましたが、高齢化やえさの調達の難しさなどで現在は44頭にまで減っています」と小松靖アナは伝える。

寄贈されるの!?

   今年は初来日から30周年となる節目の年ということもあり、オーストラリアからの寄贈が多くなっていて、繁殖への期待もかかっている。

   「7頭来たというのをうまく利用して、コアラが少しでも増えるようにしたい」とコアラの繁殖調整をしている東山動物園の黒邉雅実さんは話す。

   高木美保(タレント)「動物園へはレンタルというのが多いんですが、すべて寄贈なんですね」

   小松「日本のコアラ飼育技術はオーストラリアから高く評価されているそうです」

   コアラの第2次ブームが来そうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中