2018年 7月 20日 (金)

交番巡査「小4女児誘拐未遂」パパが交通事故・・・「なんか変だ!」見破られ逮捕

印刷

   「可愛かったので仲良くなりたかった」といって小学4年生の女の子(10)を連れ去ろうとした交番の警察官がきのう18日(2015年2月)、未成年者誘拐未遂容疑で逮捕された。「パパが交通事故にあった」とだまそうとしたが、おかしいと思った女の子が機転を利かして未遂に終わった。

自宅に逃げ帰り母親に通報

   「信じられない事件ですねえ」と司会の赤江珠緒はいう。捕まったのは群馬県警渋川署地域課巡査で吉岡町交番勤務の秋山暢大容疑者(24)だ。秋山は容疑を認めている。

よかった

   1月15日(2015年)の午後4時10分ごろ、交番の管轄する女の子の自宅の近くで、父親の知り合いとみせかけて「パパが事故にあったので病院に運ばれた。すぐに来てくれ」と声をかけ、車に乗せようとした。だが、女の子は変だと思ってすぐに自宅に帰り母親に知らせた。秋山はその日は非番で私服だったが、巡査の顔を覚えていて「パトロール中に見たことがある」と伝え、父親が通報した。

巡回パトロープで覚えられてた顔

   秋山は女児宅を巡回パトロールしたことがあり、父親や女の子の名前を知っていたようだが、自分の方も顔も職業も見られていたわけだ。両親は「犯人が捕まって安心したが、警察官ということでガッカリした」と話している。

   小学校の校長は「(交番の警察官とは)連携していろんな活動をしているので、ショックです。(子供たちには)知らない人や不審な人には、ついていかないよう、気をつけるようにと言っていたので、ちゃんとした行動をしてくれたと思っています」という。

   赤江「なんとも許せないことですが、女の子がしっかりしていてよかったですね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中