2018年 9月 22日 (土)

花粉症対策の決定版「減感作療法」効果出るまで2年間は長すぎる・・・

印刷

   本格的な花粉症シーズン到来ということで、花粉症歴25年の大竹真リポーターが、首都圏の花粉の巣窟といわれる多摩地区を緊急調査したという。そこにはスギ林のおそろしい光景が広がっていた。

「ほらほらほら、(雄花から)ファーって、花粉がほら。ちょっと風で揺れただけで、花粉。ナニ、ケムリみたいに。はじめて見た、肉眼で。ヤバイですね」

   東京・青梅は古くからスギの植林が盛んで、江戸時代には切り出した木材を多摩川を使って運んでいたという。

舌裏で花粉成分を毎日舐め続け

   スタジオでは、花粉症を治す方法として減感作療法が紹介された。しかし、治療効果が出るまでには時間がかかり、最低2年間は毎日花粉成分を舌裏で取り続けなければいけないとされる。

やりますか?

   司会の加藤浩次「どうですか、大竹さん」

   大竹「正直、ちょっと面倒臭いですね。2年間は」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中