2018年 9月 26日 (水)

カマンベール、シャンパン、パルマハム・・・EU「勝手に名産地の名前付けるな!」

印刷

   「スパゲティ・ナポリタン」「シャンパン」「コニャック」など、まあナポリタンは和製でナポリに行ってもそういうメニューはないが、食べ物、飲み物に名産地の地名の付いたものは多い。これがこれまでのように使えなくなるかもれないという。欧州連合(EU)が経済連携協定(EPA)交渉で、産地でないものに勝手に使わないように求めているからだ。候補は200もある。

コニャック、スッコッチ、ボルドーワインもダメ?

   問題になっているブランド名にはどんなものがあるか。たしかによく知っている名前が並ぶ。なかには、日本では普通名詞として使っているものもある。

地名だったんだね

【チーズ】

   パルメザンと呼ばれたりするパルミジャーノ・レッジャーノ、ゴルゴンゾーラ(イタリア)、カマンベール・ドゥ・ノルマンディー、ロックフォール(フランス)、フェタ(ギリシャ)

【ハム】

   パルマハム(伊)

【ワイン】

   ボルドー、シャンパン(仏)

【蒸留酒】

   コニャック(仏)、スコッチ・ウイスキー(英)

【ビール】

   バイエリシェス・ビア、ミュンヒナー・ビア(ドイツ)

   要するに、産地以外がそれらの名前を付けるなということだろうが、どうなるかというと、たとえばゴルゴンゾーラは「青カビチーズ」、カマンベールは「クリームチーズ」、パルメザンは「粉チーズ風」などとなる。

どうなる?「スパゲティ・ナポリタン」

   キャスターの齋藤孝「ゴルゴンゾーラって地名なんですね。定着して慣れちゃってるけど。青カビチーズ?」

   山本匠晃アナ「どうなんだろう」

   齋藤「シャンパンはすでにスパークリング・ワインと言ってたりしますよね」

   山本「お酒は産地からの輸入があるので、問題がないということです」

   司会の夏目三久「今後はなになに風という表現が増えそうですが、許されるんでしょうかね」

   齋藤「ならいいか」

   山本「ニュアンス変わってきますね」

   しかし、地名が製品の代名詞になるなんて、これ以上の宣伝はないだろうに。だいいち、街のレストランのメニューから「ナポリタン」を消せるか?

   水で有名なエビアンの隣にトノンという町がある。レストランで「水」というつもりで「エビアン」といったら、「トノンじゃだめか」と凄まれたことがある。トノンの裏山はエビアンと同じ山で、エビアンと同じ水を「トノン」の名で売っていたのだったが、フランス人でも知らない。エビアンだって、水がなければただの田舎町だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中