副操縦士が「墜落操作」!ドイツ機ボイスレコーダーに『悪夢の9分間』

印刷

   ドイツ「ジャーマンウイングス」旅客機の墜落事故で、衝撃的な事実が明らかになった。副操縦士が機長をコックピットから閉め出したあと、急降下させて墜落したというのだ。フランスの検察当局がきのう26日(2015年3月)に明らかにした。

ドア叩き続ける機長、警告音、乗客の叫び声・・・

   回収したボイスレコーダーには、スペイン・バルセロナを飛び立ってから約30分間の音声記録があった。離陸後20分間は機長と副操縦士は通常の会話をしていたが、デュッセルドルフへの着陸準備のあと機長は副操縦士に操縦を命じてコックピットを出た。

テロ対策が裏目

   ドアの閉まる音。直後に副操縦士は自動操縦にもかかわらず機体降下ボタンを押した。戻ってきた機長がドアを叩いても答えず、管制塔からの呼びかけにも応じなかった。機長が激しくドアを叩き続ける音、低高度に対する警告音、最後は乗客の叫び声も入っていた。

   管制記録では最後の交信が午前10時30分で、直後の31分から降下をはじめ、9分後に墜落している。この間に、墜落機は高度1万1600メートルから1882メートルまで高度を下げていた。

   検察官は「副操縦士の呼吸音が聞こえた。つまり、彼は生きていた」といい、「理由はわからないが、副操縦士が意図的に機を墜落させた」と断定した。「テロである根拠を示すものはない」という。記者が「自殺か」と質問すると、「150人も道連れにするのを自殺とは呼ばない」と言い切った。

9・11テロきっかけにオートロック

   この副操縦士はアンドレアス・ルビッツ(27)で、13年からジャーマンウイングスで働いており飛行時間630時間。ドイツ西部のモンタバウア出身で、14歳から地元の飛行クラブでグライダーに乗り、パイロットになったことでクラブではあこがれの的だったという。

   性格は温厚で、医学検査、飛行訓練、操縦能力、心理的適性も問題なく、なぜこんなことを起こしたのかとみな首を傾げているという。親会社のルフトハンザ航空は「想像もつかない悪夢だ」と語っている。こうしたことは防ぐ手立てはないからだ。

   旅客機のコックピットはアメリカ同時多発テロをきっかけにオートロックになり、通常は外からは開かない。こうした事態を避けるには、そういう人をパイロットにしない、あるいはコックピットを1人にしないかしかない。

   キャスターの齋藤孝「そういう検査や適性で見つからないようなケースをどうするかですね。1982年に日本で機長の『逆噴射墜落』というのがあったが、あれは精神疾患だった。テロ対策のドア(オートロック)が裏目に出たということですね」

   遺体の収容は始まったというが、起伏の多い山の斜面に機体が粉々になって散らばった状態ではすべて人力でやるしかない。それにしても、旅客機が巡航速度で激突する衝撃はかくもすさまじいものかとあらためて思う。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中