島田紳助 RYOEIの新曲作詞 「芸能界やめて早3年半、色んな所に行ってます。ノーストレス」

印刷

   島田紳助(59)が4月6日(2015年)、歌手・RYOEI(34)のブログにメッセージを寄せた。近況を報告し、15日に発売されるRYOEIの新曲「恋をした」のカップリング曲「好きになってもいいですか」で作詞を担当したと明かした。

   引退以降は「色んなところへ行っていた」といい、「若い時から海外に行く時間もほとんど無く、どこにも行ってない生活でした。短い言葉で言うと『間に合った!!』って感じです」「今もめちゃ幸せです(笑)行きたい時に行きたい場所へ好きなだけ行けるって幸せです。ノーストレスでーす」と現在の心境を綴っている。

   さまざまな芸能人の音楽プロデュースを手がけたことを振り返り、「芸能界でやりたいことは全てできたし、最後はいっぱい歌を作れた事が楽しかった」「50歳過ぎたら人生を逆算し出します。子供の頃に夢見たこと、若い頃出来なかった事を残り時間の方が圧倒的に少なくなって、まるで敵討ちのようにやっておきたくなるのです」と語った。

   メッセージの最後は「海外!国内!中学の同窓会も小さな旅でした。1番ドキドキしたのは1人で京阪に乗って枚方の病院に行った旅ですが、切符の買い方わからず、まるでニューヨークで迷子になった子犬のようでした」とやはり旅で締めくくり、「芸能界復帰」については一言も触れなかった。

   RYOEIは09年、紳助が「カシアス島田」名義で作詞した「ひらり」でメジャーデビューしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中