2018年 8月 15日 (水)

大塚明夫「忍たまの山田先生を演じると、亡き父と会えたような気持ちになって自分でも吃驚します」

印刷

   声優の大塚明夫(55)は4月27日、今年1月に亡くなった父で声優の大塚周夫が演じていたアニメ「忍たま乱太郎」(NHK)の「山田伝蔵」役を受け継いだことについて、ツイッターでコメントした。

   同アニメは1993年から続く長寿作品で、周夫の訃報以来、後任が誰になるか注目を集めていた。父から同役を引き継いだとき明夫「父を身近に感じられるという意味で、何よりも得難い形見となりました」とコメントを寄せていた。ネット上では「うおお、明夫さんが引き継ぐのか!」「込み上げるものがある」「嬉しくて泣いてる」といった声があがっている。

「山田先生へのエール、本当にありがとうございます。山田先生を演じると、父と会えたような気持ちになって自分でも吃驚します。不思議です。本当にありがたい・・・」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中