2019年 4月 19日 (金)

爆問太田の「ギャラ騒動」、太田社長が釈明「揉めたつもりない」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   爆笑問題の太田光(50)の妻で、芸能事務所タイタンの社長を務める太田光代(51)が7月19日(2015年)にツイッターを更新し、太田の「ギャラ騒動」について釈明した。

   ことの発端は、太田が6月9日放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ系)の中で、「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)に呼ばれなくなったと明かしたことだ。

   これを受け、明石家さんま(60)は6月27日放送の「お笑い向上委員会」で、太田のギャラが高いことが原因だと暴露。さらにゲストの今田耕司(49)は、太田社長のギャラ交渉が厳しく、番組プロデューサーの女性と対立していることを示唆した。

   すると太田社長は19日、ツイッターで27日の放送分を見たとした上で、

「さんまさんのギャラとは比べ物になりませんし。吉本メンバーズには敵いません。白旗挙げて待ってまーす」

と、太田のギャラが特別高いわけではないことをほのめかした。

   また、女性プロデューサーについても

「女子プロデューサーさん好きです」
「女子張りに働くのって現代でも大変です。そんなことは、分かりますのよ」
「揉めてたつもりもありませぬ」

と言及し、番組内で言われたような「不仲」ではないことを強調した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中