「一発屋選手権」第1位は意外なあの芸人!「娘にも忘れられてるのでよかった」

印刷

   「そんなの関係ねぇ!」「心配ないさー」「ちょっとちょっとちょっと」などなど、一発ギャグに数々あれど、あっという間に古くなるのも世の常。さて、どれだけ心に残っているかを試す「第1回一発屋オールスターズ選抜総選挙2015」の結果がきのう10日(2015年8月)、新宿の「ルミネtheよしもと」で発表された。選ばれたのは意外や意外、「髭男爵」だった。

小島よしお、ダンディ坂野、スギちゃん、波田陽区、ムーディ勝山抑えて断トツ

加藤:エエーッ?

   選挙だからまずは立候補がある。第1回には24組が立候補した。これに吉本興業などのイベント会場にある投票ボックス、よしもとIDなどをもつファンのネット投票で、7月1日~8月9日までに投票総数を競ったのだ。

   会場では、小島よしお以下、ダンディ坂野、スギちゃん、波田陽区、ムーディ勝山、レイザーラモンHGらのパフォーマンスが続いて、第1位の発表となった。「スッキリ!!」の「天の声」が「この方です」と映像を出すと、これが「髭男爵」だった。

   司会の加藤浩次が「オー」と意外な表情をする。会場の「候補者」たちも同じように複雑な表情だ。髭男爵は「3歳の娘がいるんですけど、一緒にテレビ見ていたりすると、ケンドーコバヤシさんを見て『パパ』という、そういう立場に追い込まれてましたので、よかったやないかぁ」と例の乾杯をしてみせた。得票数がまた意外。天の声によると「2位のムーディー勝山に1万3000票の大差をつけて勝った」という

   加藤は「そんなに?」

   天の声「圧倒的な1位だった」

   加藤はなおも腑に落ちない表情だ。

   天の声「一発屋芸人といわれても、それぞれ活躍しているから」

   加藤「久々に見るとちょっと新しいね」

   半ばお笑いから離れてしまった加藤にしてみれば、そんなものか。あらためて厳しい世界の現実を感じさせた。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中