2018年 8月 15日 (水)

愛知「ゴミ屋敷」ついに火災!隣家も全半焼・・・これまでに5回もボヤ

印刷

   愛知県豊田市で25日(2015年8月)夜、ゴミ屋敷から出火し両隣の住宅までが全半焼する火災があった。過去に5回もボヤ騒ぎを起こし、近隣住民が心配していた矢先で、「モーニングバード!」も2か月前に家主を直撃取材して取り上げていた。

   25日午後6時40分ごろ、「ゴミ屋敷が燃えている」と近隣住民から119番通報があった。消防が駆け付けたが、木造2階建てのゴミ屋敷と西隣の住宅は全焼、東隣の住宅が半焼した。

近所が心配していた「火が一番怖い・・・」

   このゴミ屋敷は10年前からゴミが路上にはみ出し異臭を放っていたうえ、ボヤ騒ぎが続いていたため、10年と13年に行政代執行が行われたほか、近隣住民によって10回もゴミ撤去が行われ、先月も周辺清掃をしたばかりだった。

   「モーニングバード!」が6月にゴミ屋敷の家主を取材したときは、「俺は貧乏だからとか、いろんなことでゴミを拾ってきたんだよ」とわけの分からないことをしゃべっていた。この時も近隣の主婦は「生ゴミもいっぱいあるし、電気製品も持って来ていますし...。火事になったらどうなるのっていうのが一番不安です」と心配していた。

行政代執行してもイタチごっこ

   コメンテーターの浜田敬子(「AERA」編集長)「なぜごみを集めるのかという本質的なところの解決をやっていかないと、結局、撤去してもイタチごっこになってしまうんですよね」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「過去5回もボヤを起こしており、家主に問題がありますよ。今回の火災の原因が単なる過失ではなく、重過失なら責任の取り方も違ってくる」

   今回はボヤではなく、隣家も焼く大火事を起こしたわけで、責任は重い。出火原因はなんなんだ? それによってはさらに重い罪に問われることもあるだろう。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中