AKBこじまこ、大運動会で足負傷「千秋楽公演でられなくてすごく悔しい」

印刷

   「AKB48」の小嶋真子(18)が8月25日(2015年)に東京ドームで行われた「第1回AKB48グループ対抗大運動会」で足を負傷していたことが分かった。小嶋はGoogle+で26日の公演を休むことを伝えた。


「今日の大運動会で50m走に出た時に決勝戦で気合が入りすぎていたのか、ゴール間際で大きく転んでしまってその時に足を怪我してしまいました」

   「チームKの集大成」の公演を休むことについて「自分の気持ちと怪我の状態のギャップに戸惑っているし、凄くくやしいです」と書いている。

   公演後のセレモニーには参加すると書き、「なるべくいい状態で出られるように病院に行ってちゃんと診察をして頂きます。ご心配おかけしまってごめんなさい」と結んだ。

   「出たい気持ちもわかるけどここは安静にしないとね」「こじまこが悪いわけじゃないよー」と励ましのコメントが集まっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中