2019年 2月 21日 (木)

SMAP「出戻り4人」に待ってる茨の道・・・リーダー交代、冷遇、ペナルティー

印刷

   きのう18日(2016年1月)のSMAPの生出演釈明のポイントは、草彅剛がしゃべった「ジャニーズさんに謝る機会を木村くんが作ってくれて今、僕らはここに立てています」という部分だろう。キムタクがジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長に、分裂の動きを見せた4人の『追放処分』を撤回させたことを指すのだろう。5人の並び方も木村拓哉が真ん中で、中居正広はむかって左端だった。今後はSMAPのリーダーはキムタクということなのか。

ジャニーズ事務所・藤島ジュリー景子副社長の胸一つ

   芸能ジャーナリストの井上公造はこう見る。「今後、事務所としては、木村とあとの4人を同一に扱わないという論理も働くと思う。キーマンは次期社長といわれるメリーさんの長女の藤島ジュリー景子副社長がどう判断するかだと思います。表だったペナルティーは難しいでしょうが・・・」

   いずれキムタクはジャニーズ事務所の役員になることが、今回の『活躍』で確定的になったという見方もある。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中