女子高生の自転車サドルにGPS!45歳会社員逮捕・・・行動監視し待伏せ

印刷

   GPS(衛星利用測位システム)を使って女子高校生の行動を監視していたとして、警視庁巣鴨署は埼玉県三芳町の建設会社社員・三浦邦匡(45)をおととい3日(2016年4月)、ストーカー規制法違反容疑で逮捕した。3センチ四方のGPSを女子高生が乗る自転車のサドル裏にとりつけていた。

1週間1万円以下でレンタル

   人工衛星を通じて位置確認ができるGPSは、高齢者や子どもの居場所確認、路線バスの運行連絡、地震や火山の予知などに使われている。

気づかない

   司会の小倉智昭「便利なものが悪用されるとストーカーになるんだね」

   田中良幸リポーター「人が手に握れば隠れるほどの小ささで、黒いサドルの裏に黒い粘着テープではりつけられていました。下からのぞき込まなければ気が付きません」

   三浦はこれで女高生の居場所を知り、スマホで行動を監視し、待ち伏せてしつこく声をかけたという。たまたま女子高生が見つけ、警察に届け出て発覚したが、三浦は「女子高生に好意を持っていた」と話しており、「気が付かなければ最悪のケースも考えられます」(田中良幸リポーター)

   警視庁の元刑事・江藤史朗さんによると、GPSそのものを取り締まる法律はなく、住居侵入や器物破損、ストーカー規制法で摘発するしかないそうだ。女高生が偶然に見つけて発覚したが、盗聴器のような電波は出ないので探知はむずかしい。1週間1万円以下でレンタルされ、フル充電で3、4日もつ。

   小倉「こういうもののレンタルってあるんですね。普通はまともなことに使おうとは思わないけどね」

   キャスターの菊川怜「目で見つけるしかないですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中