子どもに増えてる「高所平気症」マンション43階の窓から女児飛び出し

印刷

   大阪市内の高層マンションでおととい10日(2016年4月)午後、小学1年生の女児(6)が転落して死亡した。窓を開けて身を乗り出したとみられるが、高層階で育った子供に、「高所恐怖症」ならぬ「高所平気症」とでもいうべき、高さを認識できず、恐れない感覚が目立つという。

   事故があった大阪市阿倍野区の高層マンションは、周囲のビルよりひときわ目立つ43階建て(160メートル)で、女児の部屋は最上階だった。

直前まで空飛ぶシーンのDVD

   日曜日の午後、女児は父親らとアニメのDVDを見ていたが、子ども部屋へ戻ったという。夜になって部屋にいないのに親が気付き、捜しているうちに地上の植え込みで倒れているを見つけ、救急通報したのが3時前だった。

上層階に工夫を

   マンションはベランダにものを置くことを規則で禁止しており、洗濯物も干せない。女児がベランダの手すりによじ登った形跡はなかった。ただ、女児の部屋の小さな窓が開いていた。女児が見ていたDVDには空を飛ぶシーンがあったという。

   女児は入学式を終えたばかりで、翌日の月曜が初登校日だった。両親は「登校を楽しみにしていた」という。同じマンションに住む、同じような子どもを持つ人は「気をつけてますが、怖いです」と話す。

   マンションで子供が転落する事故は多い。昨年(2015年)4月、東京・世田谷区で4歳の女児が10階の非常階段から転落して死亡。10月には大阪・枚方市で4歳の女児が8階のベランダから落ちて死亡している。東京消防庁管内では、12歳以下の高所からの転落・救急搬送は、このところ1年に40人前後ある。

高さの恐怖感養われない高層マンション暮し

   子どもの心理の専門家の間では、「高所平気症」という言葉がいわれているのだそうだ。高いところで暮らすことで高度への恐怖心を感じない子どもが増えているのだという。

   福島学院大の織田正昭教授は「高さの感覚は4、5歳で大人の8割方できあがります。それまでに、公園のブランコや滑り台などで、高さの危険・恐怖心を植え付ける必要があります」と語る。

   司会の加藤浩次「今回は43階だが、3階、4階だって子どもには危ないですよ」

   湯山玲子(著述家)「空に住んでいるようなもので、落ちたら痛いとか、怖いとかを体験させられない」

   事故を防ぐには、ベランダにものを置かないことは当然だが、ベランダに出られないようにする必要もありそうだ。

   ロバート・キャンベル(東京大教授)「2階、3階に住むのと20階、30階とは違いますよ。なのに作りは上も下も同じですからね。上層ではいろんな工夫が必要ではないでしょうか。ベランダのドアには子供の手が届かない高さに鍵をつけるとか」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中