2021年 10月 17日 (日)

千葉・九十九里浜『ハマグリ泥棒』密猟注意されても開き直り! みんなやってる

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   司会の夏目三久「旬を迎えた千葉県九十九里の高級ハマグリですが、密猟が横行しています。悪質な密漁犯を追いました」

   九十九里海岸は漁業権が設定されているが、「一般の人たちに盗られる」と地元漁師を嘆かせている。「1人や2人ではないからね」「ハマグリがなければ死活問題」という。被害は数千万円になるという。漁業協同組合と警察、海上保安庁、千葉県職員が合同パトロールに乗り出した。

ウエットスーツに隠すサーファー

   砂浜にはバケツを持った人たちがあちこちにいた。パトロール隊員に「とらないで」「捨ててください」と注意を受けた女性は、ハマグリをいったん海に戻すようなふりをしながら、バケツの中にはまだ黒い影がありありで、そのまま持ち帰る気配だ。「どうされますか」とTBSスタッフに問いかけられてものらりくらりととぼけ、やっと戻した浜辺には大量のハマグリがあった。サーファーらしい男のウエットスーツからはハマグリ6個が出てきた。

   「あれはギャングかも」と隊員が防波堤の一群を指差した。「ギャング針」という特殊な針で海底のハマグリをつり上げるという。開き直って大暴れするハマグリ泥棒もいる。「海保だって、なんだよ、コノヤロウ」「他にもやっている。俺だけか」と声を荒らげる。家族から「お父さん、やめて」と止められていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中