<1年前のワイドショー>東京・調布の住宅街に小型飛行機墜落!住民巻き添え死・・・重量オーバーで遊覧飛行

印刷

   猛暑に包まれた去年(2015年)7月26日、東京・調布市の住宅街のど真ん中に小型飛行機が墜落した。小型機は調布不飛行場を離陸後も機首を上げて上昇することができず、500メートルほど離れた住宅の屋根に突っ込んだ。

   ワイドショーは現場からの中継を交えて、<墜落原因は猛暑?調布「小型機」高温で空気薄くなりエンジン出力低下>(モーニングショー)、<「墜落の瞬間」住民が撮ってた調布・小型機事故!やばい、やばい・・・>(スッキリ!!)、<調布・小型機墜落「満タン燃料」に引火!消防も手の付けようなく全焼>(とくダネ!)と伝えた。パイロットと乗客1人、突っ込まれた住宅の住人1人の3人が死亡した。

   その後の事故調査で、墜落原因は燃料などの積み過ぎ、乗客の乗り過ぎなど離陸重量オーバーだったと判明した。また、調布飛行場では遊覧飛行は禁止されていたが、伊豆大島見物のための飛行だったこともわかった。

   調布飛行場周辺の住民は、自家用機の飛行中止や飛行場の閉鎖を東京都に要望している。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中