2020年 1月 20日 (月)

JR奈良線「勝手踏切」宇治市と住民対立!「危険なので封鎖」「遠回りで不便」

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   踏切でないところを周辺住民が線路を横切る「勝手踏切」をめぐって、京都府宇治市と住民が対立している。JR奈良線の木幡駅と黄檗駅の間には4か所の勝手踏切がある。もちろん遮断機も警報機もない。フェンスに1人が通れるほどの隙間があったりして線路に立ち入ることができるのだ。お年寄りがカートを持って渡る姿もある。

   須藤恵美ディレクター「みなさん、左右を確認はしますが、躊躇なくわたっていきます」

フェンスすり抜け次々線路横断!過去に死亡事故

   過去に2件の事故があり、死者も出ている。宇治市は「大変に危険。安全を第一に閉める決断をしました」。すると、地元町内会から「市からは去年9月(2015年)に説明会が開かれたが、納得いく内容ではなかった」と反発する。1345人が署名した反対要望書が提出された。市は「7月下旬に封鎖」の看板を立てたが、具体的な封鎖期日は書かれていなかった。

危なすぎる

   住民にとって病院やスーパー、中学校、商店街は線路も向こう側にあって、勝手踏切をわたると病院までは50メートルだが、正規の踏切を使うと600メートルも迂回しなければならない。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中