市川海老蔵「(麻央の乳がんを)公にしたことで多くの大変なことが起こっています・・・」

印刷

   市川海老蔵は10月27日(2016年)、妻の小林麻央の乳がんを記者会見で公にしてからの日々を振り返り、「あの時 公にならなかったら、今ももっと自然に生活できていたな」とブログに書いた。後悔先に立たず、「やはり公になった事で多くの大変なことが起こっています。本当に...」と唇を噛みしめた。

   「会見前も後も麻央は懸命に戦っています」と言い、自らの役目は「仕事を沢山して家にいる限りは家族と接して、忘れてはならないが、妻が病である事を懸命に忘れるように振舞う」ことだと話す。「すいもあまいも全てに感謝して過ごしてゆきたいと思います」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中