舌禍相次ぐ大統領顧問 イバンカブランド宣伝し懲戒処分の勧告

印刷

   発足して1カ月足らずのトランプ政権で不祥事が相次いでいる。

   今度はテレビインタビューでトランプ大統領の長女、イバンカのファッションブランドを買うように勧めたコンウェイ大統領顧問について、アメリカ政府倫理局が「職権乱用禁止規定に明白に違反する」としてホワイトハウスに懲戒処分を勧告し今月中に回答するよう求めた。

   大統領選ではトランプの選挙対策本部長を務めたコンウェイ顧問がテレビインタビューで「イバンカ製品を買いに行ってください。ネットですぐ見つかるわ」と、イバンカのファッションブランドを派手に宣伝し購入を勧めたもので、共和党議員から倫理規定違反だと批判が出ていた。

   ところがコンウェイ顧問の舌禍事件はこれが初めてでなかった。トランプ大統領が7カ国からの入国を禁じた大統領令に批判が集中した最中に、トランプ大統領を擁護するこんな発言をしていた。

虐殺事件をねつ造し発言

「2011年にケンタッキー州ボーリング・グリーンに住むイラク人が虐殺事件を起こした。この時オバマ大統領(当時)がイラク難民受け入れを6カ月禁止した」
普通のおばさん

   そんな事件があったかと皆が訝ったが、コンウェイ顧問は「それはマスコミが報道しなかったのでほとんどの人が知らなかったのだ」と強気の説明をしていた。ところが調べてところそんな事実はなく、コンウェイ顧問のねつ造だったことが分かった。

   司会の小倉智昭は「変なこと言いますよね、このおばさん。絶対おかしい、大統領顧問という立場なのに普通のおばさんとしか見えない」と切り捨てた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中