2018年 7月 20日 (金)

キムタクはカンヌで出川に「リアクション」していた! 名誉挽回なるか!?
〈世界の果てまでイッテQ!〉(日本テレビ系)

印刷

   「笑点」から「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」まで、気がつけば日曜の夜は日テレに釘付けだ。とくに、家族と一緒にお夕飯を食べながら見るのにもってこいなのが、この「イッテQ!」。今年10周年を迎えてもなお人気が高いのも頷ける。
   この日のメインは、「パパラッチ出川inカンヌ」。出川哲朗がカンヌ映画祭のレッドカーペットを歩く世界の大スターやセレブとの2ショット写真をゲットする企画で、柔道着姿の出川と相棒の谷まりあが、現地のパパラッチさながら奔走するものだ。
   今回も、ウィル・スミスやユマ・サーマンなど大物との2ショットをものにしていたが、なんといっても注目は木村拓哉。「無限の住人」のキムタク、杉咲花、三池崇史監督の3人を見つけ大声で猛アピールする出川。それに気づいたキムタクが、出川の元に駆け寄り、2ショット写真を撮影した。と、ここであることが判明。
   というのも、この時、キムタクが着物姿の杉咲をエスコートしなかったと、その不作法が一部で話題になったのだが、それは事実として、もう一方の、「木村拓哉がカンヌで"つま先立ち"」と報じられた件だ。"マスコミを前に空手ポーズをし、悪はしゃぎ!?"などとネットでも散々けなされていたが、レッドカーペットに舞い上がってやってしまったのではなく、出川に応えたもので、いわばサービス精神のなせる業。果たしてキムタクの名誉挽回なるか!?
(放送2017年6月11日19時58分~)

(白蘭)

採点:2
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中