がんと闘い2年半、小林麻央さん逝く 「パパもママもやります」と海老蔵さん

印刷

   歌舞伎役者の市川海老蔵さん(39)の妻、小林麻央さんが、先週木曜日(2017年6月22日)夜亡くなった。がんとの2年余にわたる戦いの末だった。34歳の若さ。幼い2人の子を残していくことが、どれほど心残りだったか。海老蔵さんは「今日からパパもママもやります」と言った。

   海老蔵さんは23日の会見で、「不思議なんですが」と前置きして、「『愛してる』という声が聞こえた。そして旅立ちました」と言った。もう言葉は出ない状態だったから、夫にだけ聞こえる言葉だったのかもしれない。海老蔵さんは、「笑顔と勇気と愛情、そして決してブレない自分、どんな状況でも相手を思いやる気持ち、愛ですよね」と妻をたたえた。

   海老蔵さんは、麻央さんが亡くなる前も後も「石川五右衛門外伝」の舞台を続け、昨日(25日)が千秋楽だった。芝居が終わった後のカーテンコールは異例の6回、舞台と客席が一つになった。「涙が出てきて」「一体感があった」「アンコールも止まらない。いっぱい笑った」

   海老蔵さんは公演後、通夜を行ったことを明かした。この朝のブログでは、「朝起きてまおのところへ行き、しばし話して、それから台本です。しかし、こんなにも台本が頭に入らないのは初めてで、焦りを超えて愕然としています」と書いた。さらに「思い出すと、やはり耐えられないかなしさが......もう笑うしかないんです」

乳がんの事実を公表、ブログも

tv_20170626130029.jpg

   2010年の結婚後、麗禾ちゃん(5)と勸玄くん(4)という宝物に恵まれ、夫妻の生活は順風満帆に見えた。が、昨年6月、突然の乳がん、しかも既に進行しているとの公表。9月、麻央さんはブログを開設して、思うことを記してきた。同じ病気の母親へのメッセージもあった。

   フォロワーは約270万人、293日に更新は352回を数えた。うち96回は、子供達への思いだった。「この子たちのママは私ひとりなんだ、という喜びと怖さに、心がふるえた」。最後は今月20日、母がしぼってくれたオレンジに、「朝から笑顔になれます。皆様にも、今日笑顔になれることがありますように」とあった。

   司会の小倉智昭「麻央さんも海老蔵さんも、本当に苦しい年月だったと思います」

   海老蔵さんは今朝(2017年6月26日)6時10分にブログを更新していた。

「昨晩カンカンが私と寝たいと、一緒にねました。朝、突然泣き出す倅。ママを失った事をカンカンなりに必死に耐えてたんだ...とわかる泣き方でした。...ごめん。抱きしめることしかできない」
「痛感 この歳で母を失うという2人の心の傷を、そしてこの先数十年、その愛が注がれない不安、途方にくれる朝です」

   小倉「いま、がんは2人にひとりと言われる。麻央さんのブログ、どう見てましたか」

   山本一郎(作家、ブロガー)「自分をがん患者だからかわいそうだと思わないでほしい、というのは、切実な言葉で、強い人だなと思った。同時に他に選択肢がなかったのか、と思う」

   小倉「若いと進行が早いですからね」

   小倉「海老蔵さんはこれからは、母親役もしなければならない。歌舞伎にも一層邁進することでしょう」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中