名古屋場所中の名古屋でヒアリ発見され、相撲協会が「ハダシ禁止令」

印刷

   「日本相撲協会が異例の注意を出しました」(羽鳥慎一キャスター)

   強い毒を持つヒアリが国内で相次いで見つかるなか、相撲協会が力士に「ハダシ禁止令」を出したそうだ。

   出羽海部長名で出されたという通達には「猛毒を持つヒアリが名古屋でも発見されました。稽古場への行き帰りも裸足では行かず、履き物を履いて行動し、普段の生活からも十分、注意してください」と書かれているという。

   大相撲は現在、名古屋場所が開催中だ。

稽古場への行き帰りもハダシ

   「ちょっとワタシ、驚いたのは、稽古場への行き帰りもハダシなんですね。履き物、履いてないんですね」(「モーニングショー」コメンテーターでテレビ朝日解説委員の玉川徹)

tv_20170713160635.jpg

   「お相撲さんの足の裏って、やっぱり厚くなってるんですよ。すり足で稽古してるから。通常の私たちの裸足でイテテというのとはレベルが違う」(羽鳥)

   「天然のサンダルみたいになってるんですね」(玉川)

似顔絵 池田マコト

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中