2018年 8月 21日 (火)

入浴中のスマホ充電で感電死!着信鳴って濡れた手を伸ばすと・・・

印刷

   今月9日(2017年7月)、アメリカ・テキサス州の14歳の少女が入浴中に充電中の携帯電話を使って感電死した。死亡したマディソン・コーさんの手には火傷の痕が残っていた。

   専門家は、浴室だけでなく、洗面所や台所でも、水がそばにあれば危険は変わりないと指摘している。スマホや電話機は防水でも、充電機器はそうなっていない。乾電池式でも携帯バッテリーでも同じだという。

洗面所や台所も要注意

   司会の小倉智昭「洗面所で携帯を充電するという経験は案外あるんですよね。気をつけないといけない」

tv_20170714120619.jpg

   笠井信輔ニュースデスクが「その通りです。入浴中に動画を楽しんだり、電子ブックを読むことは、ライフスタイルに確実に入り込んできています」と、中国での事故例を紹介した。シャワーを浴びている時に携帯が鳴り、濡れた手で取った女性が感電死した。これも充電中だった。

   小倉「シェーバーなんかも洗面所で充電する人多いと思うけど、風呂上がりの濡れた手で触って大丈夫なんだろうか。あれ、防水できてるんだろうか、心配になるね」

   最近のシェーバーは「水で洗える」のが当たり前になりつつある。充電中はどうなんだろう。日本に比べると、アメリカも中国も家庭コンセントの電圧は高い。旅行中のホテルなどでも要注意だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中