2018年 8月 16日 (木)

上西小百合「サポーター誹謗」釈明で逆ギレ「私は国会議員。うるさいなあ」

印刷

   上西小百合衆院議員がツイッターに下品な書き込みをして、またまたあきれられている。先週15日(2017年7月)に行われた「浦和レッズVSドルトムント」の親善試合で、レッズが逆転負けしたことを「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とくさしたのだ。これに浦和レッズのサポーターが「サッカー舐めてんの?遊び?ふざけんなよ!」「誰があのピッチ上で遊んだのか教えてください」と反論すると、街のチンピラのようにこうかみついた。

「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になっているのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」

   これに1万3000件もの反応があり、なかにはFAXで「お前 殺す!」「てめえも さらっちまうぞ」など殺人予告まであった。

「何でそんなこと言われなければいけないのか」

   上西議員は「ビビット」などのメディア取材にも開き直ってこう話した。

「観客としての感想を書いただけ。プロフェッショナルの方がつぶやいたならワーッってなるかもしれないけど、国会議員ですよ、ワハハ」
「ちょっとカッときて、何でそんなこと言われなくてはいけないのかと思ってこれを書きました」

   さらに浦和レッズファンに対するコメントするよう求められると、

「わかった、わかった。うるさいなあ。なんてコメントしたらいいのかなあ」

   上西議員は衆院本会議を体調不良と言って欠席し、男性秘書と温泉旅行に行ったことが発覚して維新の会を除名された。この時点で辞職すべき「欠陥議員」なのだ。こんな議員に数千万円の歳費を支給している国民はたまったものじゃない。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中