女性議員の産休に「義務を果たさない」と批判 少子化対策求められる時代にと議論に

印刷
tv_20170724143923.jpg

   「女性の衆院議員が妊娠を公表したところ、職務放棄だと批判を浴びています」(羽鳥慎一キャスター)

   今朝の毎日新聞記事をもとにモーニングショーが伝えるところによると、国や自治体の女性議員の産休をめぐって「公人の義務を果たさないのはおかしい」などと批判があり、議論が起こっているそうだ。

   先月(2017年7月)12日には鈴木貴子衆院議員がブログで妊娠を公表し、「任期中の妊娠は職務放棄ではないか」「これだから女性議員は...」などとバッシングを受けたという。

   「これじゃ少子化はなくならないですよね」(羽鳥)

   「とまりませんよ。少子化をどうするかというときに、(女性が)仕事を辞めて家庭に入れとかいう時代じゃない。妊娠、出産後もそれまでの生活を続けられて、出産がしにくい環境をなるべく取り除くのが重要だ。そういう(妊娠)批判をしてどういうつもりなんだろうと。じゃあどうすればいいんですか」(「モーニングショー」コメンテーターでテレビ朝日解説委員の玉川徹)

   「(議場で授乳をしている)オーストラリアの様子が(記事に)あるが、これを見ると日本は遅れてるということなんでしょうね」(羽鳥)

   「日本は遅れてるだけじゃなくて、少子化もものすごい勢いで進んでる最先端の国。だから最先端でやらなければいけない」(玉川)

似顔絵 池田マコト

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中