2018年 7月 23日 (月)

「たらこ」と「明太子」の違いって何? 平愛梨の「疑問」に大反響

印刷

   女優の平愛梨が19日(2017年9月)のツイッターで、「明太子」と「たらこ」の違いについて問いかけたことが反響を呼んでいる。

   投稿で平は、妹から「明太子って生で食べれる?」と質問され、「明太子は生で食べるんだよ。焼いたらたらこになっちゃうよ」と答えたというエピソードを披露。その上で、フォロワーに、

「あの、、、合ってますよね?」

と問いかけた。これにファンからは、

「焼いたら『焼き明太子』です たらこは辛くないやつですね」
「たらこはたらこ。明太子は、たらこを辛く味付けしたものですよー」

と平の誤りを指摘するリプライ(返信)が相次いで寄せられることになった。

   ただ、こうしたフォロワーの指摘も全てが正しいわけではないようだ。実は、「たらこ」と「明太子」は、どちらもスケトウダラの卵巣を塩漬けしたもの。「明太子」は西日本の一部地域で使われている方言なのだ。

   最近では、唐辛子などで辛く味付けした「辛子明太子」を略して「明太子」と呼ぶことも増えているが、元々は「たらこ」と「明太子」は同じものを指す言葉。そのため、こうした事情を知る一部のユーザーからは、

「間違ってるけど合ってる」

との指摘も出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中