2018年 11月 20日 (火)

齋藤学、W杯絶望の重傷も「前向きに進めてます」と言えた理由

印刷

   横浜F・マリノスの齋藤学は26日(2017年9月)ツイッターを更新し、23日のヴァンフォーレ甲府戦での負傷についてコメントした。

   マリノスの公式発表によると、齋藤は右膝前十字靱帯損傷で全治8か月と診断された。今シーズンの復帰はおろか、18年6月に迫ったロシア・ワールドカップ(W杯)出場も絶望的な状況だ。

   投稿で齋藤は数多く寄せられた心配や励ましの声について、

「いろんな選手。マリノスサポーターの方々、他のチームのサポーターの方々、たくさんの人のコメント本当にありがとうございます」

とコメント。さらに、

「一応、全部読めてると思います。一応です」

と寄せられたコメントのすべてに目を通していると明かした上で、

「前向きに進めてます。膝祈ります」

と心境を綴った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中