2018年 9月 24日 (月)

渋谷上空610メートルを飛行機が飛ぶ! 2020年から羽田空港発着の新ルート

印刷

   「都心の空を見たこともない高さで飛行機が飛ぶかもしれません」と、野上慎平アナが2020年五輪に向けた羽田発着の新ルートについて報告した。今は海上ルートから羽田に入るのが、やがて陸上ルートを設け、そうなると新宿で上空915メートル、渋谷で610メートルの高さで航空機が飛ぶ。大井町では305メートルというから、東京タワーより低い。

   司会の羽鳥慎一「近いなあ」

   各地で行われる住民説明会では、不安が続出する。「墜落はあり得る」「どんなに国際協力といっても、安全を優先して考えないと」「いくら頑張っても、落下物はある」

日中2分から4分間隔で飛ぶ

   この8年間で、航空落下物は確認されただけで451件、去年(2016年)は46件。しかも、この陸上ルートを日中は2分から4分に1機が飛ぶという。

tv_20171102110304.jpg

   宇賀なつみアナ「ずっと飛んでいる感じですね」

   もちろん沖縄や厚木などの基地周辺なら危険でも、都心だけが安全ならいいということでもない。

   羽鳥「いやあ、怖いなー」

   野上アナ「国が住民に見舞金を出すことを検討しているそうです」

   高木美保(タレント)「そういう問題ではないですよ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中