2018年 9月 23日 (日)

男女まるで逆の性格の刑事コンビ 真矢ミキが好演
〈ふぞろい刑事〉(テレビ朝日系)

印刷

   年末の特番だらけで、右を向いても左を見ても、缶詰のバカバラエティばっかりで書くものに思案していたら、あらら、「ふぞろいの林檎」ならぬ「ふぞろいの刑事」があった。主演が村上弘明と真矢ミキだから、箸にも棒にもかからない出来ではないはず。さらに、あの、不倫大泣きの藤吉久美子までが出ている。ホイホイと見た。
   早乙女史朗(村上弘明)は捜査に出る前、手鏡で顔を見る乙女チックなオジサン刑事、相棒はオニケイと呼ばれて革ジャン姿の短気な刑事、鬼塚桂(真矢ミキ)。村上と真矢は初共演だそうだ。ある新築マンションにまつわる欠陥建材使用の不正を暴こうとするジャーナリストや弁護士が殺された事件の摘発物語である。
   まるで姉歯事件を思い出させる設定で、姉歯の時とそっくりな巨大マンションが映される。筋書きは予想がついて、謎解きという点ではあまり面白くはなかったが、オニケイが刑事のくせにピッキングまがいの行為で現場に入ろうとしたり、デカい男の早乙女が異動してきた時に手作りのシュークリームを差し入れしたり、男女がまるで逆の性格設定で、何とか目新しさを出そうとしていて、ご苦労さんなことだ。村上は相変わらず舌が長いのか短いのか、セリフ回しに癖がある。真矢は情報番組のキャスターもやり、近頃ドラマでも露出が多いが、宝塚臭も抜けてなかなかの演技力である。不倫大泣きの藤吉はチョイ役だったので可もなく不可もなし。(放送2017年12月21日20時~)

(黄蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中