2018年 7月 17日 (火)

お宝鑑定団の2500万円茶碗ニセモノ!?中国人おばさん「私が作った土産品」

印刷

   テレビ東京の人気番組「なんでも鑑定団」で、「地球上に三つしかない曜変天目茶碗」として2500万円の値が付いた茶碗に、「私が作った骨董レプリカで、お土産品として1400円で売った」と中国福建省の女性・李欣紅さん(61)が名乗り出た。

   茶碗は2016年12月の放送に徳島県のラーメン店主が持ち込んだもので、鑑定人から「番組始まって以来最大の発見」とされ、現存する三つは国宝に指定されている。しかし、放送が終わると「子どもだましの偽物」「シカを見て馬というようなもの」(陶芸家の長江惣吉さん)といった異論が続出した。

「筆で文様を描き刻印はアルバイトが彫った」

tv_20180117130824.jpg

   名乗り出た李さんは「筆で文様を描きだしました。底にある刻印はアルバイトに彫ってもらった」という。地元テレビなどでも話題になっているそうだ。

   司会の真矢ミキ「この女性を陶芸家として認めてもいいかも。あ、芸術家ではないか」

   堀尾正明キャスター「鑑定の方が正しいかもしれない」

   司会の国分太一「だから楽しいんですよ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中